[]くの一忍法帖  山田風太郎  角川文庫

前に面白くても何も感想が書けないものがある、って言ったことがあったけども、その時は例がでなかった。まさにこれがそう。

〜時は大阪夏の陣、当に大阪城が落ちる時、真田幸村配下の女忍者5人が秀頼の子供を身篭ったという。しかも彼女らは千姫の侍女として潜伏しているのだ。
家康の命を受けた服部半蔵はこれを極秘に討ち取るべく、伊賀鍔隠れ谷から五人の精鋭を呼び寄せる。伊賀忍術VS信濃忍術、意地と意地の死闘が始まる・・・

これ以上の説明は不要で、とにかく面白い。五人の美女くの一(妊婦)と五人の伊賀者の勝ち抜き忍術合戦。伊賀方は”専門家”だけあって技はセックスがらみのが多いのね。

忍者だ、伊賀だ、真田だ、美女くの一だ、官能だ、死闘だ、手裏剣だ、姫だ、庭に音も無く降り立つぞ!これだけ揃ってたら、「他に言い残すことはないか?」って事であとはと言うだけヤボですね。

[]甲賀忍法帖  山田風太郎  角川文庫

〜三代目の後継者選びに苦悩する家康は、とある手段を採用する。
それは、竹千代側には伊賀の精鋭忍者十人を立て、また国千代側には甲賀の精鋭忍者十人を立てて決闘を(以下略

奇怪な忍者達の凄絶で哀れな死闘劇、ゴミのように散っていく精鋭たち。
物語のスタート時から事件が勃発、彼らの秘術は明かされないまま混迷の前田光世方式(→出会ったその場で殺し合い)になるのです。

昭和34だっけ?にしても全然違和感なくて、むしろ直ぐ馴染む。おそらく山田風太郎のエピゴーネンのエピゴーネンのエピ・・が浸透しまくってて、かえって本家に尖ったものを感じるってのはもうなんか時が経つのに気付かないぐらい面白いのはよいね!

「バジリスク」ってこれの漫画化。



AA+×2


TITLE:はてなダイアリー - ムラサキカガミィズ・
DATE:2004/01/18 22:35
URL:http://d.hatena.ne.jp/yuhuta/200309
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー