かめくん  北野勇作 徳間デュアル文庫




ゆるいSF。
そしてせつない。
ゆるいというのは話がゆるいというのではなく、
現実世界とSF世界の境界が。

ザリガニマンの姉妹作だそうです。
併せて読むと物語世界がよりわかるのだそうです。

 
 
多分嘘です。
あと、またアオリも。
「誠実に、かめくんはのほほんと戦う!」

一応戦ってはいます。例のザリガニマンと戦うのが、かめくん。

でも実際のところはよくわからない。
事実の説明はすべて「らしい」「ようだ」。
かめくんがかめの形をしているのも。
かめくんのシステムも、自我も。

それでも誠実にかめくんは日々を過ごして行く。
多く語られるのはかめくんの生活。
パンの耳とか図書館とか猫とか。 

ザリガニマンもですが、
外への視点が著しく欠けています。
そして無抵抗。

多く語られるのはかめくんの生活。
図書館の人達とか職場のことだとか、かめくんの思ったこととかそんなこと。 
 
 
 
せつないなあ。
 
 
 
 

※こちらの方がザリガニマンより先行の作品。





rank AA

back


TITLE:今までのあらすじ

URL:http://www2.diary.ne.jp/user/91238/

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー