2003メモリアル(遅)。

(誰も見て無くても更新はするつもり。)

それなりにサイト巡回してて、「2003のベストテン」みたいのをよくやっているのを見たので自分でもやってみようかと。遅い!
「前年の読んで見て聞いて痺れたもの」ベストテン。但し、昔からあったものでも今年見聞きしたものだったら全て範疇にしてしまう。


マンガ)白土三平:カムイ伝(第一部)・カムイ外伝(第一部)・忍者武芸帖影丸伝

ちょいちょい集めてたのを小金が入ったのでまとめ買いしました。ほぼ同時期に読んだからみんな1セットでランクイン。白土忍者マンガは痺れます。
なんといってもカムイ伝は密。重い。暗い。
前年後期に更新が滞ってるのはカムイ伝(第一部)のせいですよっていっても過言じゃないくらいに。緻密に暗澹です。
途中から妥協できなくなって苦悩してるところがビリビリ伝わってくる。
そしてカムイ外伝(第一部)。カムイの悲愴さは震えますよもう。カムイはアウトローどころじゃないのですよ。助かる道なんかない。たぶん最後は野たれ死に。いくら天才だって死ぬ、って繰り返しは白土マンガの真骨頂ですね。。
カムイ伝に忍者武芸帖ほどの軽快さがあれば、忍者武芸帖にカムイ伝ほどの重厚さがあれば、それは完璧マンガというものではないですか、なんて思うのでした。
あと、忍者武芸帖の抜け忍くのいち・蛍火の存在感オーラは異常。 


小説舞城王太郎煙か土か食い物暗闇の中で子供・(九十九十九

去年は舞城本を初めて読んだのです。連続で。えんえん繰り返される独白とイタタな暴力にシビれっぱなしでした。スキのない暗い衝動が。
暗闇〜に至っては矛盾をそのままぶちこんでしまう暴走ッぷりがスキ。九十九十九もアリですよアリ。これは没頭しなきゃ。で、感想書こうとしても困ってしまうのも特徴でした。



新書石原千秋:教養としての大学受験国語

これは後悔しました。高校のうちに読むべきだった。これ読んで受験ができるようにはならないけど。
受験問題を題材にした”だけ”の現代思想の教養書。かっちりとした、そして、わかりやすい。こんな”教養”は、もっと若いうちに、はっきりした言葉で知るべきでしたよ。バカの壁とか読んでる場合じゃないですよ?



マンガ)焼きたて!じゃぱん

サンデー連載。てっきり料理マンガだと思ってた。違った。なんでしょうこのコントは。面白いよ。
もし、何か新しいマンガない?って聞かれたらこれ薦めることにしようって思ってます。毎週楽しみにしてます。



残り六個はまた次に。

2003メモリアル(遅)。

「続き。」
去年の痺れたものノンジャンルでベストテン。セットで記憶されているものはセット扱い。
残り6。

小説) 酒見賢一:「語り手の事情」 「後宮小説

今年は酒見賢一ファンに成ることに決めました。「語り手の事情」は題材が一見ポルノ、でも捻ったり茶化したり。自由で軽快で、小説って楽しいですね、ってなにそれ。
「陋巷に在り」は十巻以上か・・・・・・



マンガ) みなぎ得一:「足洗い邸の人々。」

一巻背表紙でいきなり「もうちょっとだけ」宣言がでてたんですが無事続いて二月には三巻が出る予定みたいです。良かった。
一見閉じてるように見えて毎回微妙に、または飛び切りの変化と起伏を繰り返す。間口狭そうなんですが。
「義鷹の出立」の持つ意味なんて「大復活祭」知らないとわからない、しかもあの姿は十年近くぶりだよ。とか。(それがわかる「いろは双紙」は絶版だし・・・)自分としてはごった煮心情小説だと思ってます。
なにはともあれ、毎月読めるってのは嬉しかったのです。ほんと。



マンガ) 水木しげる:「河童の三平」

水木しげる好き、とか公言してるわりに去年初めて通して読んだごめんなさい。これはちくまの文庫(全)がオススメ。
いや、「河童の三平」の意味を知りませんでした。泣けるね。田舎と都会と狸と死神と河童とじいさんと小人と少年水木しげる
たぬきー!



歴史解説)川原 秀城 :「毒薬は口に苦し」

歴史系、去年勉強するつもりで読んだ薬系のハナシではこれ。
ステータスをもってしまった毒薬(滋養薬扱い)が政治や風俗に与えた甚大な影響について。こんな話は初見だったのでかなり新鮮だった。有名なんでしょうか?
そういえば、今週の「蒼天航路」読んだら何アン(何進将軍の甥でその毒薬の発案者で文学者)がでてたヨ!まったく油断ならないね!



マンガ) 高橋葉介:「手つなぎ鬼」「双子の恋」「海から来たドール

高橋葉介のは好き。特に「夢幻紳士 怪奇編」以降とかもう。見るたびに一冊、とかポチポチ集めてたんですが、去年末に絶版と思われた「手つなぎ鬼」を手に入れました。新宿紀伊国屋で。なにそれ。いままでスルーしてただけ。
キーワードは「怪奇」「幻想」「乱歩」「スチャラカ」「黒色」

あと、「双子の恋」の”容赦しない”フタバの存在感は異常。他にも登場してるのかな。



(あの辺の地域の話) 「蒼天航路」「封神演義」(安能務)「封神演義」(藤崎竜)「宋家の三姉妹」

やれやれ。
感想
チャイニーズダークネスとそれ以外でひとくくり。

まとめ

〆て十本。順不同
マンガが5つで小説2、解説系2、中華1(?)時間パフォーマンス的にこんなになるようですね。

安定株ばかり見てた映画は入らず。「T3」「マト」シリーズにずっこけたり。あれだったら「フレディVSジェイソン」のほうが楽しいけどね・・・ジェイソンだしね・・・

通してみると全般的にとりとめなかった一年でした。

 

追記

って、何気にはてなの「高橋葉介」のとこリンク追ってったら

ミステリマガジン2004年2月号(早川書房/定価840円)
次号予告に新連載のことが出ています。
◆連載漫画「夢幻紳士・幻想篇」第一回・電波塔
2004年3月号から連載を開始します。
よろしくお願いします。

との記述が!夢幻紳士が!が!ぎゃー、と盛り上がるというハナシ。


TITLE:はてなダイアリー - ムラサキカガミィズ・
DATE:2004/01/18 23:02
URL:http://d.hatena.ne.jp/yuhuta/?of=5
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー