大人でも身長を伸ばす方法はあるのか?
hr
2003/01/26 報告


もっと背が高くなりたい。そんな望みを抱いている方は多いだろう。
東京医療専門学校講師の簗田織絵氏によると、O脚を矯正することにより身長が伸びることがあると言う。

東京女子医科大学第二病院院長井上和彦博士によると、O脚の原因は、幼児期の早すぎる歩行や、床に座る生活習慣によって関節の歪みが起こり、それを筋肉が固めてしまうことにあるという。そして、O脚の人は骨盤の前傾や背骨のS字わん曲が強いといった骨格の特徴を持つ事が多いという。
井上院長によると、O脚により縮んだ骨格を矯正することで、曲っていた脚がまっすぐになる効果、骨盤の前傾が治ることによる効果、S字わん曲が治ることによる効果が期待でき、身長を約1〜3cm伸ばすことも可能だというのだ。さらに、O脚の矯正によって膝の関節症や脚のむくみを予防する効果もあるという。

では、簗田氏の提案するO脚矯正法とは、どのようなものなのか?


■ 15分O脚矯正エクササイズ@ 股関節、膝関節を柔らかくする
うつ伏せになり、両膝を直角に曲げて、そのまま左右に振り倒す。反動をつけテンポよく行うと良い。これを、30往復、2セット行う。この運動により、関節の周りを固めている筋肉の柔軟性を増し、関節の動く範囲を広げることで歪みを戻しやすい状態を作ることができるという。



■ 15分O脚矯正エクササイズA 大腿四頭筋のストレッチ
立って壁に片手を添える。そして、反対の手で後ろから足首を持ち上げて、そのままの状態で30秒止める。この時、恥骨を前に押し出すよう意識すると良い。これを左右2セット行う。この運動により、大腿四頭筋を柔らかくすることで骨盤が前に傾く力を弱くし、正常な位置に戻すことが出来るという。



■ 15分O脚矯正エクササイズB 腹筋運動
椅子に座り、クッションを太ももの上に置く。そのクッションに両ひじをつき、上からおへそを覗き込むようにして押す。これを20回行なう。この運動の目的は、腹筋を鍛えることである。腹筋は恥骨についており、これを鍛えて恥骨を持ち上げることで骨盤を立て、前傾を解消することが出来る。また、この運動は同時に背筋のストレッチにもなる。この運動により、背筋を柔軟にする事で、背骨のS字わん曲をやわらげることが出来るという。



■ 15分O脚矯正エクササイズC クッション挟みスクワット
太ももの間に、クッションをつぶすように挟み、膝の曲げ伸ばしを行う。できるところまでひざを曲げ、元の姿勢に戻る。これを20回行う。この運動によって、弱くなった太ももの内側の筋肉を鍛え、脚を内側へ閉じる力をつけることで、膝関節の歪みを解消できるという。


井上院長によると、O脚の大部分は骨自体は正常で関節が歪んでいるだけであり、矯正が可能であるという。しかし、遺伝や、骨への強すぎる圧迫などで、骨自体が曲がり、O脚になるケースもまれにあり、そのような場合には、完全に矯正することは難しいという。また、このエクササイズは、人により効果の出方が違うため、無理をせず、痛くなったりした場合は、すぐ止めた方がよい。しかし、これらの点に注意し、正しくエクササイズを行うことで、O脚の解消は可能だというのだ。


TITLE:F.E.R.C Research Data - 2003/01/26
DATE:2003/02/27 15:38
URL:http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20030126/r089.html
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー